PC3988 Windows10はマルチブートでいこう。

Xp、Windows7、Windows8.1、Windows10、x32 x64ビット版アップグレードとマルチブート

2020年07月

Windows To Go 持ち運べるWindows10-2

 

 

 持ち運べるWindows10概要

 

1,動作速度 

・USBメモリ2.0 業務作業用としては使えるが一般使用には不適

・USBメモリ3.0 業務作業用としては使えるが一般使用にも使える?

・2.5インチHDD+USBケース2.0 業務作業用としては使えるが一般使用でも使用できる。

・2.5インチHDD+USBケース3.0 業務作業用としても一般使用でも快適に使用できる。

・SSD+USBケース3.0 業務作業用としても一般使用でも普通より快適に使用できる。

 

2,動作環境

・MBR(レガシィブート) 

 GPT(UEFI)では起動前に設定でMBR(レガシィブート) にする必要有り。

1時間前にGPT(UEFI)環境で正常動作できる、2.5インチHDD+USBケース3.0開発に成功しました。

 

3,Windows10の内容

・作成しているWindows10の内容と同じ(コピー)か新規インストール状態も作成可能。

 

4,通常のアップデートは問題ないが大型アップデートは不可(可能にできる方法あり)

 

  


マザーボードが壊れたら??必要になる作業。-2

 

 

1,交換したマザーボードでWindows10認証を受ける。

・マザーボードが壊れたら??必要になる作業。 2020年06月29日(月)

https://bit.ly/3eLNAqO 

 

2,Windowsの設定、データはそのまま引き継がれています。

 

3,フリーソフト、Windowsに付属していたアプリケーションはそのまま使用できます。

 

4,Office2016以上はマイクロソフトアカウントに紐付けされている場合はそのまま使用可能です。

 

5,Office2010、Office2013は再認証の要求がありますが元のOfficeが正規版であれば、オンライン認証、電話での認証でライセンスの移動が可能です。

 

6,セキュリティーソフト

・ウイルスバスター オンラインでライセンスの移動が可能です。

・ESET(キャノン) そのまま継続使用が出来るようです。

 

7,認証が必要な有料アプリケーション

弥生 オンラインで前のライセンスをリセットするか、予備パソコンとして新規登録が可能です。

 

  

マザーボードが壊れたら??必要になる作業。

 

 先日、作業用のメインのパソコンのマザーボードが壊れました。今日、電話でマザーボードの交換の依頼が有りました。

 

 小さいながらもメイド・イン・ジャパンを標榜しているメーカーの商品です。マザーボード交換ではなく使えるようになら点検・見積り無料で対応できます。

 

 マザーボードの交換と指定されているので当然新品のマザーボードの交換と考えてマザーボードの手配が出来ないのでお断りしました。

 

 DELLのデスクトップパソコンなら新品のマザーボードが手配できます。壊れた作業用のメインのパソコンのマザーボードはCPU、メモリ欠品のジャンク品を5,000円で入手しました。

 

 マザーボード単体を探せば中古部品でも10,000円以上です。届いた商品は程度が良かったのでマザーボード交換を中止してCPU、メモリ欠品のジャンク品のパソコンに壊れた作業用のパソコンのCPU、メモリ、HDDを載せ替えました。

 

 Windows10のPro、Homeは別の作業用HDDで

1,Windows7HomePremium

2,Windows8.0 Pro

3,Windows10 Pro

4,Windows10 Home

 

 2、3はアップっグレード、4は新規インストールです。

 

  

Windows To Go 持ち運べるWindows10-1

 

 持ち運べるWindows10というのはWindows10の全機能をUSBメモリや外付けUSB2.5インチHDDやSSDに組み込んで自分独自のWindows環境を出先や別のパソコンで使える便利なツールです。

 

 正式にはWindows To Go は、PC の USB 接続された外部ドライブから起動できる Windows To Go ワークスペースの作成を可能にする、Windows 10 Enterprise と Windows 10 Education の機能です。

 

 使用できるUSB 接続された外部ドライブも特定の認定された高価格のデバイスが必要で、Windows 10 バージョン 1903 のリリースをもって開発を終了した。

 

・Windows To Go 機能の概要 (Windows 10) - Windows Depl

https://bit.ly/2Ai9TFq 

”Windows To Go は開発が終了しました。Windows To Go is no longer being developed. この機能では機能更新プログラムがサポートされないため、最新の情報を維持することはできません。The feature does not support feature updates and therefore does not enable you to stay current. また、多くの OEM がサポートを終了した特定の種類の USB も必要です。”

 

 当事務所(パソコン修理久留米)ではこの独自のWindows環境を出先や別のパソコンで使える機能に着目して起動できないパソコン修理やデータの復旧・復元に使ってきました。

 

  

↑このページのトップヘ