Windows マルチブートの歴史Xpと98



 本格的なマルチブートが必要になったのは、Windows2000と98のデュアルブートの必要性(本当は勘違い)



 この頃、建築業界では業種別に特化したCADソフトが使われていた。データの変換プラットフォームとして使われていたのが、AUTO-CADのDXF形式・・・



 これ以前にDOS版のCAD【JW-CAD】が手書き感覚の無料ソフトとして、普及していた。



 こちらもDXF形式をサポートしていたので、データの変換プラットフォームとして使われていました。



 Windows98ではDOS窓?を使ってDOS版のCAD【JW-CAD】を使っていました。



 Windows2000、Xpではこれが使えないと言う噂が先行しました。その頃から、

Windows2000、Xp+Windows98、Meなどの組合せで本格的なマルチブート設定が仕事の一部になりました。