Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされる理由(わけ)



Microsoft Office Professional Edition 2003

Microsoft Corporation

互換性なし



 上記は、”アップグレード アシスタント”の判定です。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/upgrade-to-windows-8



 Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされる理由(わけ)は

エクセル2007までに存在する日付のバグに関係が有りそうです。



 ※ 存在しないはずの1900年2月29日が存在すると言う事実です。

現在使われているグレゴリオ暦では、

・4で割り切れる年は閏年

・でも、100で割り切れる年は閏年にしない

・上記の例外として、400で割り切れる年は閏年です。



 これは、エクセルが先行していた表計算ソフトLotus123への互換性を重視した結果だと言われています。



 この事実はマイクロソフトにとって不名誉な事だと思われます。

同じ問題を抱えるOffice2007が許容されるのは発売から5年・・

出荷本数が少ないため??と邪推しています。



 Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされても、再インストールすれば、問題なく利用できるようです。