Windows マルチブートの落とし穴







 Windows マルチブートの落とし穴

Windows マルチブートで必須なのが拡張領域と論理ドライブの設定ですが、Windows Vista 以降のWindowsで採用されたディスク管理でも思うようにパーティションが設定出来ません。



 Windowsで出来ない、やりにくい事は外部ツールで実行しますが、それ以降の作業はWindowsでの作業になります。



 外部ツールで実行した作業はWindowsでは担保されていないので矛盾が発生する場合が有ります。



 多くの場合、最後にインストールしたOSでディスクのファイル破損という形で発生します。



 この事象が出たらOSの再インストール時にパーティションをフォーマットすればトラブルは解決します。