・Windows マルチブートの設計図です











 趣味の世界ではない実用パソコンのマルチブートの設計図です。

具体的な例としてWindows8 優待プログラム権利が有ることを前提にします。



 Windows8 優待プログラム権利が無くても応用出来る設計図です。

設計図といっても図面も画像も有りません。質問はコメントでお受けします。



 NECのノートパソコンNEC PC-LS150H1T6で実行したものです。

ハードディスクは750Gです。お客さんの希望はWindows8も使ってみたい。



 購入時のWindows7はそのまま使いたい・・・

体験版のセキュリティソフトが期限切れなので購入済みの3年版セキュリティソフトを使えるように・・・



 出荷時の設定

1,2.7G OEM

2,65?G C:Windouws7 64ビット版

3,68G D:データ

4,23G  リカバリ領域



 領域変更後

1,2.7G OEM

2,120G C:Windouws7 64ビット版 管理用として使用

3,120G D:Windouws7 64ビット版 

4,200G E:Windouws8 Pro 64ビット版(Windouws7のアップグレード) 

5,25?G F:データ

6,23G  リカバリ領域



 Cドライブはもっとも壊れやすいパーティションなので通常は使いません。

ここから起動すれば物理的なドライブ名がC,D,E,Fと並ぶので管理用にだけ使います



 DドライブのC:Windouws7のミラーパーティションです。

E:Windouws8 Pro 64ビット版(Windouws7のアップグレード)



 マルチブートで問題になるのはそれぞれのOSのデータの重複と同期です、

C:Windouws7 64ビット版だけの時点で移動できる保存場所をFドライブに固定します






  続き、最新情報は

 http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012