Kingsoft Internet Securityで更新トラブル発生



 Kingsoft Internet Securityで更新トラブル発生です。

http://www.kingsoft.jp/support/security/support_news/20130612



 下記に全文を引用しますがウィルスバスターでは3回連続の再起動でウィルスバスター側のアップデートを取り消す仕様になっています。Kingsoft Internet Securityでは手動で解決するしかないようです。

今お預かりしているパソコンでは下記を実行しても状態は改善されません。



”【2013/6/12 21:35更新】



先ほどご案内させていただきました、Windows UpdateによるKingsoft Internet Securityシリーズとの干渉について、修正された更新プログラムの配布を開始いたしましたので、ご報告申し上げます。



●既にKingsoft Internet Securityシリーズをご利用中の方



2013年6月12日付のWindows Updateによるコンピュータ起動時の問題を解消した更新プログラムを、オンラインアップデートにて配布開始しております。インターネット環境にお繋ぎの上、下記の手順でアップデートを行ってください。

※更新プログラムは自動でアップデートされるようになっておりますが、更新プログラム提供後すぐに適用されたい場合は、手動にてアップデートを行なってください。



<Kingsoft Internet Security 2013の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面右下の「アップデート」をクリックします。

3.更新プログラムの画面が表示されますので、「自動更新」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



<Kingsoft Internet Security 2012の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面左下の「アップデート」をクリックします。

3.オンラインアップデートの画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



<Kingsoft Internet Security 2011の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面左下の「アップデート」をクリックします。

3.オンラインアップデートの画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



●これからKingsoft Internet Securityシリーズをご利用される方



現在、当社ホームページ上でダウンロードが可能なKingsoft Internet Security 2013は全て本更新プログラムを適用しておりますので、最新バージョンとなるKingsoft Internet Security 2013をご利用ください。



●すでにブルースクリーンが発生されている方



下記の手順にて「セーフモードとネットワーク」を起動の上、アップデートを行なってください。



1.コンピュータの電源を切ります。

2.コンピュータの電源を入れた直後、キーボード上の「F8」キーを何度か押してください。Windows拡張オプションメニューが表示されます。

3.「セーフモードとネットワーク」を選択します。

4.コンピュータがセーフモードで起動されます。

5.上記「既にKingsoft Internet Securityシリーズをご利用中の方」の手順にてアップデートを行なってください。



【2013/6/13追記】

※ セーフモードでアップデートできない場合は、次の手順にてWindows Updateの該当ファイルを削除してください。

1) 「スタート」→「コントロールパネル」を選択します。

2) 「プログラムの追加と削除」を選択します。

3) 「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。

4)Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)を削除します。

5) コンピュータを再起動し、弊社セキュリティソフトをアップデートした後、Windows Updateを行なってください。



お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。







平素はキングソフトをご利用いただき誠にありがとうございます。



弊社Kingsoft Internet Securityをご利用のお客様につきまして、Windows Updateを適用するとブルースクリーンになり起動できない、という現象が発生しております。



本事象における原因についてはすでに判明しており、現在プログラムの修正を行なっております。

更新プログラムの配布はまもなく行う予定でございます。



同環境において該当事象が発生していないお客様におかれましては、2013年6月12日付のWindows Updateを行わず、本日予定しておりますKINGSOFT Internet Securityシリーズの更新プログラムをお待ちください。



すでに該当事象が発生したお客様におかれましては、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。



<対象製品>

KINGSOFT Internet Securityシリーズをご利用でOSがWindows XPのお客様



<発生する現象>

2013年6月12日のWindows XP更新プログラム(KB2839229)適用後、再起動するとブルースクリーンが発生



<すでにブルースクリーンが発生した場合の対処方法>

セーフモードで起動後、更新プログラムをアンインストールいただくことにより、Windowsが正常に起動します。

手順は次の通りです。



1.コンピュータの電源を切ります。

2.コンピュータの電源を入れた直後、キーボード上の「F8」キーを何度か押してください。Windows拡張オプションメニューが表示されます。

3.「セーフモード」を選択します。

4.コンピュータがセーフモードで起動されます。

5.「スタート」→「コントロールパネル」を選択します。

6.「プログラムの追加と削除」を選択します。

7.「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。

8.Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)を削除します。



不明な点がございましたら、サポートセンターまでお問い合わせください。



キングソフトサポートセンター”



 その他の雑記は

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012