見て読んで 書いて覚えて 耳で聞く-02






 見て読んで 書いて覚えて 耳で聞くこれでは分かりにくいので少し追記します。



1,見て 勉強の基本?である黙読です。



2,読んで 音読で耳からも情報が入り、読めない字が確認できます。黙読では誤魔化し勝ちです。



3,書いて覚えて 書くことは記憶の大事な要素です。書けない漢字も確認できます。



4,耳で聞く 協力者が居れば読んでもらって耳からの情報として取り込みます。協力者が居なければ自分の声を録音再生します。



 耳で聞くとき、声で解答することも有効だと思います。



※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267111&y=2014&m=11&o=&l=30