小1 6才に第3級アマチュア無線技士の資格を取らせた方法






30年以上前の旧聞です。養成課程講習会ではなく、成人に混じっての一般試験の受験です。

 第4級アマチュア無線技士

http://j.mp/1uYS309



以下参照 ”第四級アマチュア無線技士(略称:4アマ) Amateur Fourth-Class Radio Operator

アマチュア無線局の無線設備で空中線電力10W以下の無線設備で21MHzから30MHzまで又は8MHz以下の周波数を使用するもの、空中線電力20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数の電波を使用するものの操作(モールス符号による通信操作を除く。)



 従って、10MHz帯、14MHz帯、18MHz帯および4630kHzを含む全周波数帯のモールス符号による電信の運用はできない。。”



 試験内容



 ”4アマ

無線工学

1.無線設備の理論、構造及び機能の初歩

2.空中線系等の理論、構造及び機能の初歩

3.無線設備及び空中線系の保守及び運用の初歩

法規

電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要”



 -ここまで・・



 ※小1 6才に第3級アマチュア無線技士の資格を取らせた方法



1,問題を理解して解答する事は求めませんでした。満点も不要です。合格基準の60点さえ超えれば良いのです。事の良し悪しは別にして丸暗記主義でスタートしました。



2,出題の90%以上が過去問という前提で同じ過去問集を5冊買い込んで分野別に分類して問題を短冊状に切り離しました。



3,それを本番と同じ分類、問題数で台紙に貼り付け20回分の過去問集を組みました。これで、2冊は消えました。



4,残り3冊は小1 6才、勉強を手伝う姉、そしてもう1冊は母親へ・・この時点で勉強を手伝う姉 小5、母親は3級アマチュア無線技士の資格を持っていました。



5,過去問の繰り返し暗記だけで1回の受験で合格出来ました。