CPU交換の失敗 原因と対策








 パソコン修理を持ち込んで来られる業者さんから聞いた話です。CPUの交換に失敗された事例です。パソコンを立てての作業でトラブルが発生したそうです。



 一般的にパソコンを立てての作業ではマザーボードも垂直の状態です。この状態でメモリの増設やCPU交換は無理な姿勢です。



 メモリやCPUが上下左右ともに狂いがなく挿入する必要が有ります。そして、力を入れる必要が有るのです。



 メモリの増設やCPU交換はマザーボードを平面な状態(パソコンを倒した状態)で行うのが原則です。この状態だと上から作業することになるので位置のズレも起こりにくく、挿入に要する力も伝わりやすくなります。





※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267874&y=2014&m=11&o=&l=30