自営業者や自宅兼事務所のインターネット経費の計上








 自営業者や自宅兼事務所のインターネット経費の計上は問題が起きないように契約名義が法人名や屋号を使われている場合が多いようです。



 この場合でもプロバイダ契約は個人が多く、料金も安いのですが、プロバイダ契約に法人コースがある場合は注意が必要です。



 回線契約が法人名や屋号を使われている場合プロバイダから契約コースの変更を求められるケースが有るようです。この場合確実に月額料金は上がります。



 このようなトラブルを避ける方法です。



1,フレッツ光回線、プロバイダ契約は個人名で行います。



2,電話番号の電話帳への掲載は法人名や屋号として支払いも法人名や屋号関連の口座にします。フレッツ光回線、プロバイダ料金は電話料金に合算請求にします。



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268160&y=2014&m=11&o=&l=30