Windows10x64ビット+仮想ドライブ-MAC+LINUX(デュアルブート)


Windows10x64ビット+仮想ドライブでMACとLINUXの同居に問題発生しました。インストールまでは問題ありませんが仮想ドライブの再起動後に仮想ドライブのMACとLINUXどちらかに不具合が発生したので設定を変えました。


 MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD はWindowsPCでは仮想ドライブでのみインストール出来ないのでWindows10x64ビット+MAC OS X 10.6.3 +LINUXを一台のパソコン(1台のハードディスク)で実現するためにはWindows10x64ビットの仮想ドライブでMAC OS X 10.6.3 それにLINUX(Ubuntu 16.04 LTS - 2021年4月までサポート)をデュアルブートして変則的なマルチブート構成になりました。


 MAC OS X 10.6.3 は仮想ドライブでのみ動作するのでLINUX(Ubuntu 16.04 LTS - 2021年4月までサポート)が別パーティションになりフル機能で動作するのは歓迎で実用的でも有るようです。


 これで今回の実験は一応成功としますがMAC OS X はお飾りになりそうです。


・使ったパソコンの仕様


1,CPU:Core2Duo E8400


2,メモリ:8G(2G☓4)


3,ハードディスク:このために準備したSATA320G中古


・使ったソフト、フリーソフト


1,MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD アマゾンで2,566円


2.Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード  Ubuntu Japanese Team

 https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix


3,VMware Player for Windows 32-bit and 64-bit :Windows7,8,10用仮想ドライブ

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0