マルチブートの種類と活用法と最終目的。

 

※マルチブートの種類

1,Xpでのみ動作するアプリケーションはインターネットに接続しないで使用して、通常は最新のWindows10で使うなどパターンは幾つか考えられますが、マルチプラットフォームでないアプリケーションに本来のOSを割り当てる事が出来ます。

 

 1台のハードディスクで同居可能なOS

 

・WindowsXp、Vista、Windows7,8,8.1、Windows10それぞれx32・

64ビット版

 

2,起動時に使用する言語を選べるマルチランゲージなパソコン。

 

 1台のハードディスクで同居可能な言語

 

・日本語、英語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語

 

 インストールファイルを準備している言語は

 

 アラビア語、ブルガリア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語 、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、ラトビア語、リトアニア語、ノルウェー語 (ブークモール)、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語 (ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語 (ラテン)、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語

 

3,Windows10仮想(MAC)+Windows10+LINUXなど非WindowsOSとのマルチブート  個人的にもあまり興味がない組み合わせですがマルチブートの可能性を確認したくて作成してみました。

 

 マルチブートの最終目的は壊れたWindowsの修復と生きた状態のOSバックアップです。

 

 使用中のWindowsOSをデュアルブートすればその時点での一卵双生児OSになるのでWindowsの更新をすればすぐに使える状態になります。

 

 OSのバックアップより優れた機能だと思っています。