PC3988 Windows10はマルチブートでいこう。

Xp、Windows7、Windows8.1、Windows10、x32 x64ビット版アップグレードとマルチブート

カテゴリ: Windows 8 優待プログラム

 優待プログラムのWindows8と無料Media Centerの再インストール





 優待プログラムのWindows8Proと無料Media Centerの再インストールについて確認しました。優待プログラムのWindows8Proはインストールメデアを持っていれば可能です。



 【優待プログラムのWindows8】



1,同じパソコンに再インストールする場合は特別な条件は有りません。



2,別のパソコンにインストールする場合は、オフラインでインストールして下さい。オンラインではプロダクトキーが無効とされ先へ進めません。



 インストール完了後に電話認証を受けて下さい。



 【無料Media Center】



1、Windows8 PRo であること。

 無料のWindows media center はWindows8 PRoにのみ提供されていました。



2、無料ダウンロード期間中にインストール&認証が完了しているプロダクトキー

 認証が完了していれば、移動と言うことでどのパソコンでも可能に思えます。?



3,実際は最初に認証を受けたパソコンのみインストール可能です。その理由は次のように推測できます。



 無料で再インストール出来るプロダクトキーは無料ダウンロード期間中にインストール&認証が完了しているものに限られます。



 オンラインで状態でのみインストールできるので別のパソコンで使ったプロダクトキーは無効となるはずです。



※無料Media Centerの再インストールはWindows8.1アップデートの前でも後でも可能です。



・Media Centerを再インストール出来ない場合は下記を参照して下さい。



 Windows 8へ機能の追加 Media Centerの再インストール

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1180837&y=2013&m=10&o=&l=30



・プロダクトキーがわからない場合は下記を参照して下さい。



 優待プログラムのWindows8と無料Media Centerのプロダクトキー

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1180841&y=2013&m=10&o=&l=30










 Windows 8 優待プログラムのまとめ







 Windows 8 優待プログラム適用は2013年1月31日まで一時期を除いてWindows7のパソコンから申しこめば記入を求められる事項に条件さえ合致していればフリーパスでした。



 購入店や機種、購入日などマイクロソフトが把握できるはずもなく、この辺りは登録者のモラルに期待したのでしょうか??



 2月1日以降は原則として購入条件に当てはまる機種からの申込で、プロダクトキーをチェックしていたようです。



 Windows7には一般用には3種類のエディションが有りますがそのエディション毎に申込は出来ました。



 極端な事を言えば32BIT、64BITで1台のパソコンから6個の申込が可能だったはずです。但し、一人で登録は5個、購入も5個までです。



 登録者と購入者が異なっても問題は有りませんでした。

これが、プロモーションコードがオークションなどで売買されている原因です。

















・お手伝いします。Windows8優待プログラム







 下記の条件に該当するパソコンの購入者は正価25,800円のWindows8-Proを1,200円で購入して使う権利が有ります。



 直ぐに使わなくても、1,200円で購入しておけばいつでもつかえます。

インストールするパソコンは別のパソコンでも良いのです。



 登録申込、購入手続きは2月28日までです。この期日は延期になる可能性は有りません。



 対象となるパソコンはWindows7パソコンで購入期日が2012/06/02から2013/01/31

”対象期間



本プログラムの対象PC購入期間は、2012年6月2日から 2013年1月31日迄です。 本プログラムの申し込みおよび購入手続きの期限は2013年2月28日です。”



 登録申し込みに際して購入日を証明する書類などは不要です。個人の私用に限ると条件は有りますが、個人事業者の業務外での使用は妨げられないと考えています



 お手伝いの方法

電話で事前申込みの上時間を決めて電話で話しながら操作をお手伝いします。



 電話受付時間 10時から20時まで

 0942-47-3988

 050-7500-0000 非通知拒否

















・Windows 8 優待プログラム最新情報-1









 Windows 8 優待プログラム対象のパソコンの購入は終了しています。

優待価格での購入申込み登録と購入は2月28日までです。



 購入手続きを実行すると価格がこれまでの3,300円ではなく25,800円と表示されます。



 手続きを進め最後の画面でプロモーションコードの入力画面が表示されます。

適用をクリックすると24,600円の値引きで1,200円が決済されます。



 Windows 8 優待プログラム価格1,200円が如何に破格だったか実感出来ました。 



ショッピング カート

Windows 8 Pro



¥25,800



小計



¥25,800





¥24,600



合計



¥1,200













・駆け込みでWindows Media Center インストール







 昨夜、急な思い付きで業務用のノートパソコンにWindows Media Center インストールを実行することに・・・。



 その前に、Windows8の購入手続きををする必要があるのですが、支払いに用意していたVプリカがログイン拒否で使えない・・・



 マイページには入れるのに支払いは出来ない状態が続いたのでカード支払いに変更・・

23時頃に何とか、駆け込みでWindows Media Center インストール完了



 メールを確認したら更にもう一個、無料のWindows Media Center が届いていた。

いつまで使えるかテスト用には使えるが最初にアクティベーションが済むので??









・Windows 8 優待プログラムは終わっていません。







 2013年01月31日に終わったのは”Windows 8 優待プログラム”対象のパソコンの販売です。逆に言えば、2013/02/01以降に購入したパソコンには”Windows 8 優待購入権利”がついていないだけです。



 ”Windows 8 優待購入権利”を持っていれば1,200円で購入手続きが出来ますが、この登録と購入は2013/02/28迄と明確にアナウンスされています。



 ”Windows 8 優待購入権利”ではない3,300円のキャンペーン価格での購入は2013/02/01も可能でした。こちらの期限は情報が有りません。



 ”Windows 8 優待購入権利”購入手続きは、3,300円のキャンペーン価格での購入価格からの値引きと言う形なので、2013/02/28迄という可能性が有ります。




”マイクロソフトからの催促?メール



2013 年 2 月 28 日まで、わずか 1,200円* で Windows 8 Pro へのアップグレードが可能です。

これ以上ない低価格での機会を、ぜひご利用ください。”








・ネットのうわさ話 Windows 8 Media Center Packと期限





 無料の Windows 8 Media Center Pack の入手は期間限定でした。

2013/01/31で終わっていますが、申し込みからプロダクトキー発行まで72時間??



 使えないプロダクトキーが送られてくる???

実際は2013/01/31 23:00申し込みで2013/02/01 04:40には送られて来ました。



 残る問題は、アクティベート出来る期限ですが2013/02/01と小さい文字で書いてあります

Microsoft は、プロダクト キーおよびアクティベーション期限のお知らせを、

提供された電子メール アドレスにのみ送付します。このメールはまだ来ていません。




















・Windows 8 優待購入プログラムの登録







 今 Windows 8 優待購入プログラムの登録は購入パソコンのチェックをやっていないようです。Windows7上での申し込みは即決で受理:プロモーションコードも即時発行されています。

http://windowsupgradeoffer.com/ja-JP



 Windows 8 Media Center Pack の申し込みも意外と簡単でした。

プロダクトキーの発行には少し時間が必要です。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs


















 Windows 8 Media Centerのプロダクトキー






 Windows 8 Media Center Pack 無料申し込みは1月31日までですが

  

 申し込みはWindows7からでも出来ました。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs



”無料のプロダクトキーの発行は1メールアドレスに一個ですが、64ビット版と32ビット版をデュアルブート、マルチブートしている場合は同じプロダクトキーでインストール可能です。”



 これは複数以上のパソコンで確認済みです。









・Windows 8 Media Center Pack 無料申し込みは1月31日まで?









 今朝、インストールしてみました。

 申し込みはWindows7からでも出来ました。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs

”ありがとうございます

プロダクト キーは 72 時間以内に電子メールで送付されます。電子メールが受信フォルダに届かない場合、迷惑メール フォルダもご確認ください。”



”無料の Windows 8 Media Center Pack にご登録いただき、ありがとうございます。 **



無料の Windows 8 Media Center Pack のプロダクト キーをお知らせいたします。



G4K8Q-FW487-TNXGC-・・・・・-・・・・・



以下の手順に従って Windows 8 Pro を実行中の PC に Windows 8 Media Center Pack を追加してください。



1.画面の右端からスワイプし、[検索] をタップしてください。(マウスを使用する場合は、画面の右上隅をポイントし、[検索] をクリックします。)

2.検索ボックスに「 機能の追加 」と入力し、[設定]をタップまたはクリックします。

3.[Windows 8 への機能の追加] をタップまたはクリックします。

4.次に、[プロダクト キーは入手済みです] をタップまたはクリックします。

5.プロダクト キーを入力し、[次へ] をクリックします。

6.ライセンス条項を読み、ライセンス条項に同意するチェック ボックスを選択し、[機能の追加] をクリックします。



PC が自動で再起動します。再起動後、Windows Media Center をご使用いただけます。”

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs



※Windows7ではいつでも無料でインストール出来ます。





Windows8優待購入プログラム デュアルブート





 Windows8優待購入プログラムで32ビット版と64ビットのデュアルブートは通常のデュアルブート、マルチブートと同じ感覚で簡単に出来ます。



 プロダクトキーに関しては、Windows7と同じく、32ビット版と64ビット同じです。同一のパソコンにインストールすることは可能です。



 これは、特別な事では有りません。”32ビット版と64ビット”のOSは同時には使えません。当然、別のパソコンに同じプロダクトキーでインストールすることも出来ません。



 Windows8優待購入プログラム で入手出来る、Windows8インストールファイルは最初にプロダクトキーを検証します。オフラインで有れば、正規のプロダクトキーであれば先に進めます。



 もし、オンラインで使用済みのプロダクトキーなら先へ進めません。



 次に、Windows8優待購入プログラムでは購入手続きをしているパソコンのOSが32ビット版ならWindows8 32ビット版、64ビット版ならWindows8 64ビット版が提供されます。



 Windows8の32ビット版と64ビット版のインストールファイルを手に入れる簡単の方法はWindows8優待購入プログラムで購入手続きの際に1,500円でDVDの購入手続きを取れば、32ビット版と64ビット版同梱で送られてきます。



 急ぐ場合は、32ビット版と64ビット版それぞれの環境で、Windows8優待購入プログラムでの購入手続きか3,300円キャンペーンを利用して入手して下さい。











 Windows8 優待プログラムの支払い







 Windows8 優待プログラム支払い用のVプリカを2012/11/11に購入

Windows8 優待プログラムの適用が2013/01/31までなので、使用できるような手続きを実行しました。

http://vpc.lifecard.co.jp/index.html



 Windows8 優待プログラムの利用には支払いが発生します。

クレジットカードカードかプリペイドカードでの支払いが必要です。



 Windows8 優待プログラムは一人で5申込出来ます。

申込はそれ以上できるはずですが、支払い段階でチェックを受けます



 申込と購入は別名義でも支障ありませんが、購入も一人で5ライセンスのはずです。











・Windows 8 優待プログラムの実態





 マイクロソフトはWindows 8 発売記念の優待プログラムを実行しています。一定の条件でWindows7パソコンの購入者に対してWindows8Proを1,200円で提供するというものです。



 販売数を競う為か、優待プログラムのバグ?か、分かりませんが一定の条件が”壊れています”。



 一定の条件を満たしていなくてもWindows 8 発売記念の優待プログラムが適用されています。



 結果的に、”一定の条件でWindows7パソコンの購入者”でなくても”Windows 8 発売記念の優待プログラム”が適用されています















 Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされる理由(わけ)



Microsoft Office Professional Edition 2003

Microsoft Corporation

互換性なし



 上記は、”アップグレード アシスタント”の判定です。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/upgrade-to-windows-8



 Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされる理由(わけ)は

エクセル2007までに存在する日付のバグに関係が有りそうです。



 ※ 存在しないはずの1900年2月29日が存在すると言う事実です。

現在使われているグレゴリオ暦では、

・4で割り切れる年は閏年

・でも、100で割り切れる年は閏年にしない

・上記の例外として、400で割り切れる年は閏年です。



 これは、エクセルが先行していた表計算ソフトLotus123への互換性を重視した結果だと言われています。



 この事実はマイクロソフトにとって不名誉な事だと思われます。

同じ問題を抱えるOffice2007が許容されるのは発売から5年・・

出荷本数が少ないため??と邪推しています。



 Windows 8 でOffice2003が互換性なしとされても、再インストールすれば、問題なく利用できるようです。









  Windows 8 で電話認証





 意味が無くても早めに確認したかったWindows 8 での電話認証・・

Windows7、Vistaではこれまで電話認証が必要な場面に遭遇していないので電話認証の経験は有りません。



 Windows 8 では電話認証が必要になると思い、あえて、電話認証が必要になるように使用済みのプロダクトキーで別のパソコンにWindows 8 をインストールしました。



 予定通り、インターネット経由での自動認証ではねられ、電話認証でも自動認証ははねられました。



 担当者対応になり、再認証の必要性について少ししつこいくらい尋ねられました。



 基本的な手順はXpの再認証と同じですが、Xpの再認証に比べ、面倒だとと言うのがWindows 8 で電話再認証の感想です。















 Windows 8  キャンペーン購入の注意点



 Windows 8 ではキャンペーン購入の条件に個人の私用に限るという条件がついています。



 従って、パソコン本体の譲渡、売却の際には Windows 8 を削除する必要が有ると思われますが、そうでなくても、Windows 8  キャンペーン購入には個人情報がプロダクトキーに結びついています。



 アプリ購入の際などに支払いトラブルが発生する可能性が有ります。



 これまでのOS認証では個人情報の提示は不要でした。

Windows 8  キャンペーン購入では1,200円、3,300円コースに関わらず、個人情報がマイクロソフト側に把握されていますのでご注意下さい。













・Windows 8 優待購入プログラム申込



 現時点でのWindows 8 優待購入プログラム申込には

対象パソコンのプロダクトキー入力は求められていません。



 申込もWindows 8 優待購入プログラム対象パソコン

以外からでも出来るようです。



 Windows 8 Pro を優待価格でご購入に必要な

プロモーションコードは即時発行されています。









   Windows 8 でOffice 2003 は使える??





 ありがたい情報を得て、早速、インストールしてみました。現在のところ何の支障もなく動作しています。



互換パックもインストールできました。後日、支障が出る可能性は有りますが、いまは正常に動作しています。



 互換性なしとされる理由はXpと同時にサポート終了であること、及びエクセルのロータス123互換のために発生する1900年2月29日問題が有ると推測しています。1900年は閏年ではないのに2月29日がエクセル2003以前のバージョンとロータス123では存在しています。



”うるう年の判定方法です。



1.西暦が4で割り切れる年はうるう年。

2.しかし、100で割り切れる年は例外として普通の年。

3.しかし、400で割り切れる年は例外の例外でうるう年。”





 普段の記事、雑文と2009年からの記事はこちらに有ります。



 http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012









  Win8 優待プログラムで新規インストール



 Win8 優待プログラムではXpからWin7のアップグレードとなっているが、この表現は、Win8 優待プログラムを受ける要件であり、Win8 優待プログラム適用を受けた後なら、新規インストールも可能です



 巷のうわさでは空のパーティションにWindowsフォルダ作れば新規インストールが出来るという話が有りましたが、



 空のパーティションでなくても、WindowsフォルダがなくてもDVD起動で新規インストール可能です。



 公式アナウンスではWindows 8 優待購入プログラム対象パソコンから申込んでインストールは任意のパソコンで・・



” 日本マイクロソフトは、Windows 7搭載PCまたはDSP(Delivery Service Partner)版を新規に購入したユーザーが、Windows 8の一般提供開始時に同OSを優待価格で購入できる「Windows 8 優待購入プログラム」を2012年6月2日より開始する。実施期間は2013年1月31日まで。”



 Windows 8 優待購入プログラムの実際は違っていて、時期によって、手続きの細かい点が変わっています。

・Windows 8 優待購入プログラム対象パソコン以外からの申込可能な時期も??

・Windows 8 優待購入プログラム対象パソコンからの申込でも、プロダクトキーの入力が必要な時期もありました。

・現在はどうなっているか。。・・・知っていますが、ここには、書けません。・・・そういう状態です。



 プロダクトキーの入力は不要でした。






 Windows7と同じで、

Windows8 プロダクトキーは32ビット64ビット共通?です。



 ネット情報では優待プログラムはそれぞれ別物とありますが私のテストの結果ではどちらでも使用可能でした。



 DVDの購入1589円、を申しこめば32ビット64ビット同梱??

購入済みなので送られて来れば本当の事が分かります。



 これは、マルチブートの達人として嬉しい情報です。。でも、既に、どちらも持っています。



 個人の意見としては発送地が海外(ドイツ?)らしいので同梱しないと誤配送が起きる可能性大?。



 Windows8 についてインストール情報など多くの時間を使い、多くの情報を蓄積しています。






↑このページのトップヘ