PC3988 Windows10はマルチブートでいこう。

Xp、Windows7、Windows8.1、Windows10、x32 x64ビット版アップグレードとマルチブート

カテゴリ: Windows全般



マイクロソフト 安心ダウンロード Windows7編




 マイクロソフト関係のダウンロードも気を許せなくなりました。

検索エンジンがSEO対策に惑わされて本来のダウンロード先では無いところを上位にしている結果です。



 マイクロソフトのダウンロードページの内容にも疑問があります。一番の問題は点検詐欺アプリケーションの配布を目的としているサイトへの誘導です。



例 ダウンロード windows xp 用 ie8 - ソフトニック

 ソフトニック:-softonic-このサイトには立ち寄らないことをおすすめします。

今回は、Windows7関係をまとめてみました。



Windows7関係



■Windows 7 Service Pack 1

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5842



Windows Essentials - Windows Live Essentialsのダウンロード

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-live/essentials-home



”Windows Essentials は、1 回の手軽なダウンロードで入手できる製品スイートです。今すぐすべてのプログラムを入手することも、必要なプログラムだけを入手することもできます。



・メール



複数のメール アカウント、カレンダー、および連絡先をオフライン状態でも管理できます。





・ファミリー セーフティ



オンラインでのお子様の安全を確保できます。





・Writer



写真、動画、地図などで素敵なブログを作成し、そのブログをお気に入りのブログ サービス プロバイダーに投稿することができます。





・Outlook Connector Pack



Outlook から Hotmail を管理します。





・Microsoft OneDrive



お使いのすべてのコンピューターに OneDrive をインストールしておくと、どこにいても最新バージョンのファイルに自動的にアクセスできます。 ”





・ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft

http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp



、”Windows8 アップグレード アシスタント”

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/upgrade-to-windows-8





※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268762&y=2014&m=11&o=&l=30









 



マイクロソフト 安心ダウンロード Vista編




 マイクロソフト関係のダウンロードも気を許せなくなりました。

検索エンジンがSEO対策に惑わされて本来のダウンロード先では無いところを上位にしている結果です。



 マイクロソフトのダウンロードページの内容にも疑問があります。

今回は、Vista関係をまとめてみました。 2014/11/26確認



・ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft

http://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp



 Microsoft Windows Vista アップグレード徹底ガイド

Windows Vista Upgrade

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/using/windowsvista/guide/upgrade/default.aspx



※アップグレード パッケージをインストールして、現在お使いのXpを Windows Vista に移行するための手順と、バックアップの方法を紹介されています。



 Vistaでは現在Service Pack 2 適用済みでないとWindows Upgrade が利用できません。

・Windows Vista Service Pack 1 (5 言語用スタンドアロン版)

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30



 Vistaでは現在Service Pack 1 適用済みでないとService Pack 2が利用できません。



・Windows Vista Service Pack 2 (全言語用スタンドアロン版)

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=15278



※・Internet Explorer 8 多言語全OS用

http://windows.microsoft.com/en-US/internet-explorer/downloads/ie-8



※・Internet Explorer 9 多言語全OS用

http://windows.microsoft.com/en-US/internet-explorer/downloads/ie-9/worldwide-languages





※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268748&y=2014&m=11&o=&l=30









 



直リンク付き マイクロソフト 安心ダウンロード




 マイクロソフト 安心ダウンロード Xp編



 マイクロソフト関係のダウンロードも気を許せなくなりました。

検索エンジンがSEO対策に惑わされて本来のダウンロード先では無いところを上位にしている結果です。



 マイクロソフトのダウンロードページの内容にも疑問があります。

最初に、Xp関係をまとめてみました。安心できるマイクロソフトのサイトです。



注1 Xp以外のOSでは目的の情報とは違う振り分けが実行されることが有ります。



・Windows XP 向け Windows Internet Explorer 7

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/internet-explorer-7-details.aspx



※・Windows XP 用 Windows Internet Explorer 8

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42588



※・IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 2

  ネットワーク インストール パッケージ

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=28



※・IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 3

  ネットワーク インストール パッケージ

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24



※・Windows Media Player の入手 Windows Media Player 11

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8163





※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268735&y=2014&m=11&o=&l=30









 



マイクロソフト 安心ダウンロード 総括編




 マイクロソフト関係のダウンロードも気を許せなくなりました。検索エンジンがSEO対策に惑わされて本来のダウンロード先では無いところを上位にしている結果です。



 マイクロソフトのダウンロードページの内容にも疑問があります。一番の問題は点検詐欺アプリケーションの配布を目的としているサイトへの誘導です。



例 ダウンロード windows xp 用 ie8 - ソフトニック

 ソフトニック:-softonic-このサイトには立ち寄らないことをおすすめします。



※以下に紹介するサイトは2014/11/26確認済みのマイクロソフトの正規サイトです。



・マイクロソフト 安心ダウンロード Windows7編

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268762&y=2014&m=11&o=&l=30



・マイクロソフト 安心ダウンロード Vista編

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268748&y=2014&m=11&o=&l=30



・マイクロソフト 安心ダウンロード Xp編

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268735&y=2014&m=11&o=&l=30



・”Windows8 アップグレード アシスタント”

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/upgrade-to-windows-8



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268731&y=2014&m=11&o=&l=30









 



ノートパソコン Webカメラの活用




 ノートパソコンに付属しているWebカメラの活用を考えて見ました。Skypeなどで使う以外は無用の長物に近い状態だと思います。



 そんなWebカメラでもアプリケーションさえあれば動画や静止画の撮影、保存が簡単に出来るものに変わります。フリーソフトです。



・最大4台のWebカメラで画像&動画撮影 CCI-Pro-MR x86版



最大4台のWebカメラが同時に、画像連写や動画を録画し、防犯、監視、観察、FTP転送による中継などに活躍



http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se494418.html?_ga=1.39815587.1047558955.1350474937



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268492&y=2014&m=11&o=&l=30









 



パソコンが楽しくなるスキルアップ-00








 パソコンが楽しくなるスキルアップ パソコンは電源のON、OFFとキーボード入力、マウスの操作さえ出来れば一応楽しいものです。インターネット接続環境が有ってメールの利用ができるようになれば更に・・・



 ところが、今でもパソコンに触るのが怖いと言われる方がいらっしゃいます。特に、学校教育でパソコンに触れることの無かった世代≒40才以上と仕事でもパソコンが必要でなかった方・・・



 これは、一般家庭に固定電話が普及していなっかった時代に電話の受話器を取り通話するのが怖かった経験と一致するような気がします。



 学校教育にパソコンが取り入れられた結果、さすがに”パソコンは電源のON、OFFとキーボード入力、マウスの操作”には困らない方が増えたようです。



 学校教育にパソコンが取り入れられた初期には”パソコン教室有って、パソコン教育なし”のような時期が有りました。生徒に教えるスキルを持った先生が少なかったのです。



 担任の先生、教科担任の意向によってパソコン教室への出入りが無かった生徒もいるようです。特にパソコンに個人的に興味を持たれていた先生は数学、理科、音楽の先生に多く、パソコン教育は技術家庭科に組み入れられたのも・・・



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268216&y=2014&m=11&o=&l=30









 





自営業者や自宅兼事務所のインターネット経費の計上








 自営業者や自宅兼事務所のインターネット経費の計上は問題が起きないように契約名義が法人名や屋号を使われている場合が多いようです。



 この場合でもプロバイダ契約は個人が多く、料金も安いのですが、プロバイダ契約に法人コースがある場合は注意が必要です。



 回線契約が法人名や屋号を使われている場合プロバイダから契約コースの変更を求められるケースが有るようです。この場合確実に月額料金は上がります。



 このようなトラブルを避ける方法です。



1,フレッツ光回線、プロバイダ契約は個人名で行います。



2,電話番号の電話帳への掲載は法人名や屋号として支払いも法人名や屋号関連の口座にします。フレッツ光回線、プロバイダ料金は電話料金に合算請求にします。



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268160&y=2014&m=11&o=&l=30









 



クラウドサービスの実験の結果。








 クラウドサービスの実験の結果です。アプリケーションDVDの保存と共有にはISOファイル形式が最適だと確認できました。



 今回のファイルとフォルダを別の新規フォルダに取り出してZIPファイルに変換する方法では共有相手がZIPファイルを展開する際に隠しファイル、隠しフォルダを表示する必要が有ります。



 インストール実験では最後にエラー発生でインストールは失敗だがアプリケーションは使えると言う中途半端な結果が出ました。この方法でのアプリケーションDVDの保存と共有には共有者に説明が必要です。





※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268019&y=2014&m=11&o=&l=30









 



クラウドサービスの実験。








 昨日、仕事でお会いした方からクラウドサービスの体験依頼のメールが来ました。One Dorive の写真データの保存と共有はURLをお知らせしていたのでYahoo Boxがターゲットです。



 Yahoo Boxの特徴であるアプリケーションDVDの共有実験をすることにしました。著作権問題が起きないフリーのアプリケーションDVDを使います。



1,ISO形式だと問題は起きないが相手は同じメデアを用意してアプリケーションDVDを作成する必要が有ります。DVD-Rの用意が有るか不明です。



2,ファイルとフォルダを別の新規フォルダに取り出してZIPファイルに変換します。ZIPファイル化することで単一のファイルになり取りこぼしが起きません。



3,ローカルのYahoo Boxフォルダに適当な新規フォルダを作りその中へZIPファイルを移動します。



4,これで、自動でクラウドサービス:Yahoo BoxにUPされます。



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1268007&y=2014&m=11&o=&l=30









 



メインOSのバックアップ完了








 メインOSのバックアップ完了しました。300GのWindows7x64と200GのWindows7x32二つのOSをフルバックアップしたので所要時間5時間弱でした。



 200GのWindows7x32はほとんど使っていないし固定ドライブ名が変えられない設定なので削除も考えています。



 それでもハードディスクの総容量が4Tから6Tになったので運用は楽になりました。増設した2TのハードディスクはSATA接続のリムーバブルケースタイプです。



・リムーバブルケース



 ”内蔵ハードディスクドライブをトレイ式のケースに格納することで、交換可能な「メディア」として使えるようにするケースです。



 ハードディスクドライブを使うことにより、大容量のデータを簡単に持ち運べる などのメリットがあります。また、パソコンでのテレビ番組録画や動画編集など大容量のデータを保存するときに、ハードディスクの空き容量を簡単に増やせる利点があります。”



 接続はUSBが多いのですが、速度の問題が有ります。



※ 元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267856&y=2014&m=11&o=&l=30









 



メインOSのバックアップ






 WEBカメラが起動しなくなりました。録画機能が使えるUSBカメラです。故障ではなくパーティション300Gの空き容量が20%以下になったことが理由です。ファイバースコープも導入するので容量を大きくする必要が有りそうです。



 メインのOSでアプリケーションの缶詰的なWindows7x64です。パソコン全体としてはXpからWindows8.1x64までインストール済みのOSの缶詰的な位置づけです。



・CPU:Core2Duo E8400 3.00GHz 



・メモリ:8G



・HD:2T×2



・光学ドライブ:Blu-ray+DVDマルチ



 これに取り外し自由な2Tのハードディスクを増設してバックアップとデータ整理、保存に使う予定です。





※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267806&y=2014&m=11&o=&l=30






持ち込まれたパソコン データ修復覚え書き-03






 二通りの方法でお渡し出来る準備が整ったのでお客さんに来てもらい説明の上、選択していただきました。



 説明が要領を得なかった可能性が有りましたが、パソコンを含めたお買いげになりました。ここに来てメールが今まで通り使えるか??・・・



 改めてOUTLOOKをお使いだった事が分かりメール設定・ファイルをインポートすることになりました。



 現在、ユーザーデータのインポート中です。





※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267611&y=2014&m=11&o=&l=30








持ち込まれたパソコン データ修復覚え書き-02






 就寝中にユーザーデータの修復保存が完了していました。作業の正常終了でシャットダウンする設定だったので一応ユーザーファイルは修復保存されていました。



 今回は、専用のパーティションを作成して、ディレクトリ構造を保ったまま修復、保存だったので元パソコンと同じユーザーを管理者として作成します。



 これで、別のパーティションに修復保存した元ユーザーのフォルダ、ファイルにアクセスが容易になります。



 後はお客さんの意向を伺わないと先にすすめません。



※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267604&y=2014&m=11&o=&l=30






持ち込まれたパソコン データ修復覚え書き




 昨日、持ち込まれたパソコンはハードディスクの損傷がひどく、グラフィックボード、PCIカードの増設も出来ない機種でした。急ぎだった事も有りパソコンの修理を中止しました。



 パソコンの修理からデータ復元・復旧に方針変更です。この場合データだけをお渡ししても一般的には必要なデータがどこに有るか分かりにくいのです。



 二つの方法を同時並行で進める事にしました。



1,元データをディレクトリ構造を保ったまま修復、保存



 メリット データだけを外付けハードディスクにコピーするだけなので簡単



 デメリット ユーザーデータなどでアクセス不可が起きる可能性。



2,別のパソコンに専用のパーティションを作成して、ディレクトリ構造を保ったまま修復、保存



 メリット ユーザーデータなどでアクセス不可が起きる可能性なし。アプリケーションのインストールだけで壊れたパソコンと同じように使える。



 デメリット パソコン代金が必要:今回の場合メーカー修理代金より格安提供



※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267587&y=2014&m=11&o=&l=30






ネット接続障害のパソコン一味違うリカバリ






 1,ネット接続障害で持込予約



 先ほど電話があって、久留米市の東の端からネット接続障害のパソコンを持って家を出られてとの連絡が有りました。



 ネット接続障害なら普通は出張サポートですがパソコンを複数台お持ちでこのパソコンだけが接続できない状態で、設定に問題有りと思われたようです。



 ネット接続障害はルーター、HUBのポート、LANケーブルもトラブルの要素なのでパソコンが使われている現場への出張が望ましい案件です。



 今回は事務所で接続出来れば一件落着なのですが・・・



 2,ネット接続障害のパソコンチェック



  持込修理を選択されたお客さんの判断は正しかったようです。予備機として購入された富士通の一体型パソコン(Windows7)でした。メモリ4G ハードディスク500Gの中古パソコンです。



 元ユーザーさんがOfficeを削除されていたようでオープンOfficeがインストールされていました。期限切れ?のノートンがインターネット接続をブロックしているようです。



 期限切れ?のノートンの削除が出来ません。システムの復元を何度も繰り返されたようで、その時壊れたようです。



 3,ネット接続障害のパソコン一味違うリカバリ



  持込修理のネット接続障害のパソコンの最大の問題点は期限切れ?のノートンの削除が出来ないことです。このままでは、ネット接続障害が治っても新しいセキュリティソフトがインストール出来ません。



 メールの設定も依頼されているのでリカバリか新規インストールしたいと思います。普通にリカバリや新規インストールしても面白く無いので、一味違うリカバリ修復を試みます。



1,ユーザーファイルをDドライブにコピー保存



2,C:Windows7のイメージバックアップファイル作成。



3,リカバリ後、ユーザーファイル書き戻し。



4,Dドライブを縮小してEドライブ作成



5,C:Windows7のイメージバックアップファイルでEドライブのリカバリを実行



5の作業は依頼者の親族にパソコンに詳しい方がおられるそうなので念の為にデュアルブートにします。





※元記事URL http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1267257&y=2014&m=11&o=&l=30








HOTメール復活とOne Drive






 使わなくなって10年?くらい経過したHotmailの復活に成功しました。と言っても停止されていた分けでは有りません。8個の英字の文字列ですがダイヤルアップ時代に考えついたものです。未使用状態になっていたので結果的に新規取得です。



 個人的には使い慣れた文字列ですが発想が???なためかどのサービスでもアカウントの取得が出来ます。個人的にはLIVEメールに移行したつもりでしたが同じ8文字でHOTメールにアクセス・・・



 アカウントが存在しないと表示が出たので新規取得手続きを実行して結果的に昔のHotmailの復活です。ついでに、このアカウントでOne Driveを新規取得したら15Gの容量が使えるようです。



 ※元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266897&y=2014&m=11&o=&l=30






Google、Yahoo、MSNなどの複数アカウントの管理






 Google、Yahoo、MSNなどで複数のアカウントを使っている方も少なく無いと思います。複数アカウントの管理で一番問題がないのはアカウント毎に使うパソコンを固定する方法です。



 この場合同じサービスのアカウント数と同じ台数のパソコンが必要になり現実的では有りません。別の方法を幾つか・・・



1,マルチブートを利用してアカウント毎にOSを変える方法です。これも、同じサービスのアカウント数と同じOSが必要になります。



2,アカウント毎にブラウザを変える事で同じサービスに同時ログインが可能になり一応便利です。”わいわいちっご”では同じアカウントでの同時ログインが出来るので日記記入中のSNS内参照に便利です。この場合の欠点は同期の問題だけです。



3,一つのOSでアカウント毎にユーザーを使い分けることが出来ます。ログアウトせずにユーザーを切り替えれば便利ですがクリップボードのデータはユーザー間で共有できないので注意が必要です。



※元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266828&y=2014&m=11&o=&l=30






クラウドサービス使い分け








 クラウドサービスは便利ですが、提供者とサービスによって利用者にとって使い勝手が大きく異なります。利用者側にとって最大のポイントは利用料金が無料・・・



 ”ただより高いものはない”と言う言葉も有るように、無料には無料の理由が有るようです。バナー広告を見せられたり自分のコンテンツを公開・・・



 利用形態ととしては一つのサービス提供者に全部を委ねるか、サービスの種別によって特徴が有ることを考えて使い分ける事も出来ます。



 当事務所、個人で利用しているクラウドサービスとその特徴をご紹介します。



1,メール 主にGメール、yahooメールも・・・



2,動画 ユーチューブ 家族での共有が便利で動画毎に公開範囲が設定出来ます。



3,写真 ONEDrive(旧スカイドライブ) 共有設定が便利でフォルダー単位で公開範囲が設定出来ます。



4,DVDなどの大容量ファイル YahooBox



※元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266753&y=2014&m=11&o=&l=30










サイト更新の依頼とクレーム対応






 昨日、サイト更新の依頼メールと資料の一部が添付ファイルとして送られてきました。資料の数が多いので分割して送られて来るはずでしたが3通目のメールが届きません。



 この作業は先方指定料金が1ページ21,600円(税込み)です。大事な仕事です。午後になってファイルをUSBメモリで持参される旨、連絡が有りました。



 すぐに、メールの添付ファイルの容量オーバーだと気づきました。お使いのプロバイダの制限は一通、8Mです。ファイル分割という方法は有りますが、面倒です。



 メールの添付ファイルからみの問題は他にも有ります。多数の添付ファイルの一括添付、実行ファイルを添付できない問題です。



 サイト更新作業は2014/11/06 PM18:30完了でUPしました。メールで更新作業の連絡をしていましたが、依頼者から更新されていないとの返信が届きました。



 デスクトップ時計を含めた更新済みのページをキャプチャして添付ファイルとして送りました。



 ”ご連絡ありがとうございます。



 更新は20141106夜実行しています。 添付ファイルご参照下さい。パソコン内部のキャッシュファイルを表示しているものと思われます。





 最新の情報を読み込むボタンで再表示して下さい。

http://www.benricho.org/Tips/page_reload/



”・パソコンには、一度閲覧したページをパソコン上に保存し、次に開く際のスピードを早くするキャッシュという仕組みがあります。



・この仕組みのために、今見ているページが実際のページより古いということが起こり得ます。



・確実に最新のページを見るには、それぞれのブラウザーに設定されている方法でページを再読み込みする必要があり、「ブラウザーのフルリロード、スーパーリロード」などと呼ばれています。つまり、キャッシュを上書きしてページの再読み込みをするということです。



・ここでは、主なブラウザーの、キャッシュを上書きしてページの再読み込みをするキーボードショートカットを紹介します。



・Internet Explorer   Internet Explorer ショートカットキー

 Web上と自分のコンピューター上でページのタイムスタンプが同じ場合も、現在のWebページを更新する ← 公式サイトの表現



 Ctrl + F5” ”



※元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266544&y=2014&m=11&o=&l=30




暖房4日目のフリーソフト




 火曜日の朝、事務所に入ったらふんわりと暖かく、直ぐに気づきました。この日が暖房初日でした。最近、外出が極端に減ったので季節感が???



 今はまだエアコンだけですが季節が進めばオイルヒーター、足元の電気ストーブにスイッチが入るはずです。



 寒くなることは程度にもよりますがパソコンにとっては内部の温度上昇も抑えられるので使用条件と良くなったと言えるだろうと思います。



 パソコンの内部温度上昇主にCPUとハードディスクからの熱が大きい要素です。そこで、使用中のパソコンのハードディスクの温度を表示できるフリーソフトのご紹介です。



・新世代ディスク情報ツール: CrystalDiskInfo 6 Shizuku Edition

http://crystalmark.info/download/



※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266695&y=2014&m=11&o=&l=30






Xpパソコンが必要な方へ






 Xp環境が必要な方がまだいらっしゃるようです。ネット情報やメールはノートパソコンで良いのだが、使い慣れた業務アプリケーションはデスクトップパソコンのXpで・・



 これは、古いパソコンを使えば解決する問題ですが、処理速度が遅い、メモリ不足、壊れたら・・・幾つかの解決しがたい問題が有るようです。



 当事務所ではパソコン修理、データ復元を業務としてやっています。宅配や持込、引き取り修理で作業を実行していますが、メーカーパソコンで部品の入手が困難、修理後の他の部分の故障の不安、拡張性が低い・・・



 これらの、当事務所側とお客さんの共有。共通の不安を解消するために。お客さんんXpを完全引っ越しできる直販メーカーの再生パソコンを準備しています。



 準備しているパソコンは2007年から2010年以降に製造されたものですが、共通点はメモリ最大搭載容量8GでXp、Windows7、Windows8.1、Windows10TP版まで使えることです。



 更に、他のパソコンのXpを引っ越して、Windows7、Windows8.1へバージョンアップ出来る技術が有ります。また、Windows7、Windows8.1x64ビット版を含めたそれらを一台のパソコンでマルチブートも可能です。



 このようなオリジナルな発想で構築した再生パソコンの販売とお使いのパソコンをマルチブートするためのキットの販売を考え中です。お問い合せは050-7500-0000へ



※元記事URL:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266575&y=2014&m=11&o=&l=30










Windows XP 展示館






 今日、事務所に来られたお客さんとの会話で、業務用の社内ネットワーク環境ではWindows XPがまだ残っている事が話題になりました。



 その反面、オンライン業務でのWindows XP使用には厳しくなっているようです。これはMicrosoft サポート終了以外にもInternet ExplorerがIE8までしか使えないことが原因と考えられます。



 時代の流れに逆らう事には何の意味も有りませんが、当事務所にとっては原点復帰の意味合いも有るので、Windows XPの4個のエディション、サービスパック、インストールメデアのISOファイルを一台のパソコンに収納したいと思っています。



・Home Edition



・Professional



・Media Center Edition



・Professional x64 Edition



・Windows7Enterprisex64(オンライン用)





 パソコン本体:直販メーカーの中古パソコンの再生品です。



・CPU:Core2Duo E7400/2.8GHz



・メモリ:4G



・コアシール:Vista



・ビデオカード:HDMI・アナログD-SUB・デジタル



・C:Xp Professional



・D:Xp Home Edition



・E:Xp Media Center Edition



・F:Xp Professional x64 Edition



・G:Windows7Enterprisex64(オンライン用)



・H;DATA



 現在、G:Windows7Enterprisex64(オンライン用)インストール中ですがトラブルは一個だけでした。Xp Media Center EditionのインストールDVDが行方不明・・



 探して見つけて、インストール完了でISOファイルでパソコンに保存します。



  元記事: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012






Xpの新規インストール




 WindowsXPのみの機能が必要な場合、Xp新規インストールが必要ですが、2014年04月にサポートが終了しているOSです。新規インストールの経緯覚え書きです。



1,Xpインストールの必要な理由



・JW-CAD DOS版の使用



・仮想CDアプリケーションの使用:ISOファイルの簡単作成



・ハードディスクの自由なフォーマット:拡張領域と論理領域



2,Xpの新規インストール



 ハードディスクに別のOSがインストールされていなければで従来の通常の手順でインストール可能です。



3,認証:オンライン認証、電話認証共に有効なので正規プロダクトキーが必要です。



4,Windows 更新プログラムの適用はSP3適用後可能です。






  元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266285&y=2014&m=11&o=&l=30

 Xp標準とWindows7標準





 現在OS修復が終わったパソコンで困り事が発生しています。このパソコンはXpの修理代品としてお客さんへ提供したものです。Xp標準としては必要十分なハード構成ですが、Windows7標準で考えれば非力です。



 マザーボードの仕様で自由度がなければ気になりませんが、このパソコンはCPUも交換が可能で、3Gまで対応できて交換CPUも準備しています。



 メモリも8G対応でハードディスクも増設可能な省スペース型パソコンです。業者さんの持ち込みですが連絡が取れないのでどこまで作業して良いのか分からず困っています。



 Windows7標準のメモリ搭載は32ビットOSで3G、64ビットOSで4Gだと考えています。




 元記事:http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266133&y=2014&m=10&o=&l=30





 

 

バージョンアップに失敗したOSの修復



 今日は、バージョンアップに失敗したOSの修復に挑戦しました。今年の夏に知らない業者さんから電話で相談を受けた経緯が有り、手順はシュミレーション済みだったの比較的順調に元OSの修復は出来ました。



 修復したOSから再度バージョンアップできるかは不明ですが少なくともデータは使えることが確認できました。



 今年の夏に知らない業者さんから電話で相談を受けた事例は柳川の医療機関で今回と同じように手順無視のWindows7インストールでした。



 明日は朝から正式なXp修復とWindows7のインストール作業再開です。



・バージョンアップに失敗したXpの修復に成功しました。

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1266026&y=2014&m=10&o=&l=30



 ”3988日記

2014年10月29日(水) 10:58 [08 仕事]

バージョンアップに失敗したXpの修復に成功しました。



 実験レベルでは無く実用レベルのバージョンアップに失敗したXpの修復に成功しました。今年、論理障害で壊れた(パーティションを認識出来ない)ハードディスクからOSの修復にも実用レベルで成功しています。”


 




 アプリケーションの価格はバージョンアップ版 アカデミック版では安くおさえられています。バリューパックは高くなっています。



 バージョンアップ版 アカデミック版にはそれぞれ使用条件や製品登録に制限があります。店頭販売では使用条件や製品登録の制限について説明があり場合によってはアカデミック版購入の資格証明の確認を求められることも有るようです。



 ネット販売では使用条件や製品登録の制限の表示が不十分で誰でも購入できるのが現状です。使用開始に際して登録できないでそのアプリケーションの使用が出来ない場合も有るので購入時にはご注意下さい。







 バージョンアップ版の場合はバージョンアップ対象商品に注意が必要です。通常は同じ製品の旧版ですがどこまで遡られるかも確認の必要が有りそうです。



 年賀状ソフトなどでは他社製品も対象である場合が多く、他社製品の確認は不要の場合も有るようです。(例:筆ぐるめ)



 この場合は同じ製品の旧版が無くても新規インストールが可能です。バージョンアップ版利用の注意点では旧版から設定が引き継げる利点が有りますが使い慣れた旧版が削除される場合も有るのでご注意下さい。



 バリューパックはサンプルが通常版より多かったり機能の追加がセットになっているのでそのアプリケーションを初めて利用する場合には便利な場合も有るようです。



元記事URL: http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1261710&y=2014&m=10&o=&l=30


 フレッツ光でひかり電話を使わない場合に考えられる一つの弊害

若い世代を中心に固定電話離れがすすんでいます。このため、インターネットをフレッツ光で接続しても”ひかり電話を使わない”選択をされる方が増えているようです。



 フレッツ光ではひかり電話番号をフレッツ光回線の識別に使っています。逆に言えば”ひかり電話番号”を持たない場合、故障時にNTTが回線を特定出来ないことになります。



 本来は、フレッツ光回線の識別には回線IDを使うのが本来の姿です。

・お客さまID…「CAF」で始まる英数13桁の番号

・回線ID…「L」で始まる英数16桁の番号



 この書類は申し込み内容のご案内に書かれていますが紛失されている方が多いようです。この回線IDの代わりに使われているのが”ひかり電話番号”です。



・ご契約中のアクセスサービス、お客さまID/回線IDのご確認方法

http://flets-w.com/support/cnw_login/about_id.html






 ★★ 地域SNS 日記の保存 ★★



 大手のSNSではデータのダウンローダが有るようですが”地域SNS”では閉鎖でも無い限り用意されないようです。退会すれば限定公開の自分のデータにもアクセスできません。



 そこで”地域SNS 日記の保存”を考えて見ました。



  これまで外部公開日記を含めたものをローカル保存しコメントを含めた全文検索を実行できる方法を模索してきました。



1,個人の情報を全部一括保存



2,日記毎に完全保存



 試行錯誤しましたが一長一短があり管理が面倒です。条件を見直し整理して見ました。



1,ファイル管理が簡単なこと。



2,コピー&ペーストでマウス操作のみで作業が可能なこと



3,URLリンクが可能なこと。



4,必要な場合は画像も貼り付け可能な事。



5,カレンダー機能と全文検索は必須です。



6,ランダム入力が可能なこと。



 この条件に極めて近いフリーソフトを見つけました。



”3988日記 2014年03月08日(土) 03:54 [08 仕事] 日記を書く-2

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1232245&y=2014&m=3&o=&l=30



 オフラインで日記(業務日誌)を書くソフトを探しました。最終的にはデータベースを使いますがそれの前段階に使う予定です。”



 ”ソフト詳細説明



使い方は簡単。起動して書いて終了するだけ!書いた日記は自動で保存されるので保存操作も必要ありません。画像ファイルはドラッグ&ドロップで貼り付けできます。クリップボードの画像もコピー&ペーストでOK。音声や動画も貼り付けてそのまま再生可能です。好きな配色や壁紙にしてフルスクリーンの大画面で日記を書こう!



・動作環境



ソフト名:

・wDiary

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se503859.html



動作OS:

Windows 8/7/Vista/XP ”





 その他の雑文はこちらです

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012



 









 パソコンの再起動ループからの脱出法



 再起動ループはWindowsの更新、新しいアプリケーションのインストール、フリーズ時の強制電源OFFでWindowsのファイルが壊れることで発生します。



 この再起動ループからの脱出で強制電源OFFを実行するとかなりの高率でハードディスクにエラーが発生します。



 この再起動ループからの脱出法です。強制電源OFFより確実にハードディスクに与えるダメージが減少します。



1,再起動時にF8の連打でメニューを起動させハードディスクの回転を止めます。



2,ハードディスクの動作ランプが消えていることを確認して電源コンセントを抜きます。





  Kingsoft Internet Securityで更新トラブル発生



 Kingsoft Internet Securityで更新トラブル発生です。

http://www.kingsoft.jp/support/security/support_news/20130612



 下記に全文を引用しますがウィルスバスターでは3回連続の再起動でウィルスバスター側のアップデートを取り消す仕様になっています。Kingsoft Internet Securityでは手動で解決するしかないようです。

今お預かりしているパソコンでは下記を実行しても状態は改善されません。



”【2013/6/12 21:35更新】



先ほどご案内させていただきました、Windows UpdateによるKingsoft Internet Securityシリーズとの干渉について、修正された更新プログラムの配布を開始いたしましたので、ご報告申し上げます。



●既にKingsoft Internet Securityシリーズをご利用中の方



2013年6月12日付のWindows Updateによるコンピュータ起動時の問題を解消した更新プログラムを、オンラインアップデートにて配布開始しております。インターネット環境にお繋ぎの上、下記の手順でアップデートを行ってください。

※更新プログラムは自動でアップデートされるようになっておりますが、更新プログラム提供後すぐに適用されたい場合は、手動にてアップデートを行なってください。



<Kingsoft Internet Security 2013の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面右下の「アップデート」をクリックします。

3.更新プログラムの画面が表示されますので、「自動更新」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



<Kingsoft Internet Security 2012の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面左下の「アップデート」をクリックします。

3.オンラインアップデートの画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



<Kingsoft Internet Security 2011の場合>

1.Antivirusを起動します。

2.画面左下の「アップデート」をクリックします。

3.オンラインアップデートの画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

4.プログラムが更新されます。完了メッセージが表示されましたら、コンピュータを再起動してください。



●これからKingsoft Internet Securityシリーズをご利用される方



現在、当社ホームページ上でダウンロードが可能なKingsoft Internet Security 2013は全て本更新プログラムを適用しておりますので、最新バージョンとなるKingsoft Internet Security 2013をご利用ください。



●すでにブルースクリーンが発生されている方



下記の手順にて「セーフモードとネットワーク」を起動の上、アップデートを行なってください。



1.コンピュータの電源を切ります。

2.コンピュータの電源を入れた直後、キーボード上の「F8」キーを何度か押してください。Windows拡張オプションメニューが表示されます。

3.「セーフモードとネットワーク」を選択します。

4.コンピュータがセーフモードで起動されます。

5.上記「既にKingsoft Internet Securityシリーズをご利用中の方」の手順にてアップデートを行なってください。



【2013/6/13追記】

※ セーフモードでアップデートできない場合は、次の手順にてWindows Updateの該当ファイルを削除してください。

1) 「スタート」→「コントロールパネル」を選択します。

2) 「プログラムの追加と削除」を選択します。

3) 「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。

4)Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)を削除します。

5) コンピュータを再起動し、弊社セキュリティソフトをアップデートした後、Windows Updateを行なってください。



お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。







平素はキングソフトをご利用いただき誠にありがとうございます。



弊社Kingsoft Internet Securityをご利用のお客様につきまして、Windows Updateを適用するとブルースクリーンになり起動できない、という現象が発生しております。



本事象における原因についてはすでに判明しており、現在プログラムの修正を行なっております。

更新プログラムの配布はまもなく行う予定でございます。



同環境において該当事象が発生していないお客様におかれましては、2013年6月12日付のWindows Updateを行わず、本日予定しておりますKINGSOFT Internet Securityシリーズの更新プログラムをお待ちください。



すでに該当事象が発生したお客様におかれましては、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。



<対象製品>

KINGSOFT Internet Securityシリーズをご利用でOSがWindows XPのお客様



<発生する現象>

2013年6月12日のWindows XP更新プログラム(KB2839229)適用後、再起動するとブルースクリーンが発生



<すでにブルースクリーンが発生した場合の対処方法>

セーフモードで起動後、更新プログラムをアンインストールいただくことにより、Windowsが正常に起動します。

手順は次の通りです。



1.コンピュータの電源を切ります。

2.コンピュータの電源を入れた直後、キーボード上の「F8」キーを何度か押してください。Windows拡張オプションメニューが表示されます。

3.「セーフモード」を選択します。

4.コンピュータがセーフモードで起動されます。

5.「スタート」→「コントロールパネル」を選択します。

6.「プログラムの追加と削除」を選択します。

7.「更新プログラムの表示」にチェックを入れます。

8.Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)を削除します。



不明な点がございましたら、サポートセンターまでお問い合わせください。



キングソフトサポートセンター”



 その他の雑記は

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012


















  SNS日記でメモ帳の活用



 メモ帳はWindows付属の簡単テキスト文作成、編集の機能です。SNS日記の下書きに最適だと思います。



 わいわいちっごに限らずSNSの日記は下書きをしてログイン後に貼りつけるのがトラブル回避に有効です。この方法の場合、貼りつけの後に編集が必要です。



 理由はメモ帳の仕様によるものです。一般的にメモ帳でテキスト文を作成する場合、書式で”右端で折り返す”設定になっています。



 そのままでコピー&ペーストを実行した場合、右端で改行した状態で表示されます。その為それを修正する必要が有ります。



 修正不要な状態でコピー&ペーストする方法も有ります。メモ帳の書式で”右端で折り返す”のチェックを外してコピー&ペーストを実行すれば編集は不要です。



 念のため日記を見るで表示を確認して下さい。SNS日記は書き込みも閲覧画面も自動的に右端で折り返します。



 メモ帳について

”3988日記 2013年06月13日(木) 10:48 [14 IT]

メモ帳の隠れた能力”

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1156531&y=2013&m=6&o=&l=30












グーグル日本語入力 クラウド辞書共有



 グーグル日本語入力は今のままでも十分便利ですが、クラウド辞書共有が出来るベータ版が公開されていることが分かったのでさっそくインストールしてみました。



 クラウド辞書共有が出来るベータ版を解説した情報は多数ありますがどれも中途半端です。正規版ではないためかネット上の情報ではクラウド設定にたどり着けません。



 ベータ版なので仕様が変更された可能性が有ります。とりあえず、参考にした情報とダウンロードURLを・・・



・Google日本語入力の辞書を複数PCでクラウド同期させる

http://qiita.com/items/23f23b89aab978e60f71



・グーグル日本語入力ベータ版

https://tools.google.com/dlpage/japaneseinput/eula.html?hl=ja&extra=dev



・仕様が変更された可能性が有る部分:設定画面の開き方

※ツール→プロパティ→クラウド



 設定は出来ましたが、今のところ他のパソコンとユーザー辞書は同期できていません。

代わりにユーザー辞書のエクスポート、インポート機能を使って手動で同期済みです。



※グーグル日本語入力 クラウド辞書共有設定

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1156387&y=2013&m=6&o=&l=30






↑このページのトップヘ