PC3988 Windows10はマルチブートでいこう。

Xp、Windows7、Windows8.1、Windows10、x32 x64ビット版アップグレードとマルチブート

カテゴリ: Windows8.1

 ★★ Windows8.1における Office2003 インストールと使用 ★★



 Windows8.1でのOfficeのバージョンのインストールと使用のテストを行いました。 Windows8.1における Office2003 インストールと使用には問題がなくOffice2007、Office2010、Office2013 との同居も問題ないようです。



 但し、Office2003はXpと同時にサポートが終了します。更に1900年2月29日問題を内包したままなのでご注意下さい。



 インストールの注意事項としてWindows8.1 x64 に32ビット版のOfficeがインストールされていると64ビット版のOffice2010、Office2013はインストール出来ません。



 幾つかのOfficeのバージョンを同居させる場合は新しいバージョンからインストールするのが原則だと思います。尚、同じパソコンにOfficeをインストールする場合は製品版、プレインストール版に限らず同じプロダクトキーが使えます。





 その他の雑文はこちらです

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary.phtml?u=2012









  失敗しないWindows8からWindows8.1へのアップデート



 【準備・確認編】



※ハードディスクにエラーがない事。

 アップグレード実行前にエラーチェックをおすすめします



1,Windows8の更新が完了していること。



 Windowsの更新が残っていると、ストアでWindows8.1アップデートが表示されません。



2,マイクロソフトのアカウントを事前に取得して置くこと。



 Windows8からWindows8.1へのアップデートするパソコン以外でマイクロソフトアカウントのセキュリティ コードのメール受信が出来ること。



※セキュリティ コードのメール受信環境が作れない場合”セキュリティ コードが受け取れない環境でのWindows8.1アップデート”を参考に・・・

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1180757&y=2013&m=10&o=&l=30



3,Windows8からWindows8.1へのアップデートの開始の時点ではローカルアカウントでOKですが完了するのにはマイクロソフトのアカウントが必要です。



4,Windows8からWindows8.1へのアップデートが正常に完了しない場合はアップデート開始時の状態に戻されます。



5,特に劇的に変わったところは有りませんが、スタートメニュー、検索、その他に変更が行われているようです。



※緊急にWindows8.1へのアップデートの必要が無くてもWindows8インストール済みの方はお暇な時間にWindows8.1へのアップデートされることをおすすめします。



Windows8.1アップデート 一応まとめ 実行・完了後編

http://wai2chiggo.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=1180753&y=2013&m=10&o=&l=30












↑このページのトップヘ